旅行会社の仕事内容を紹介!必ず旅行の仕事に携われるとは限らない!

大学生の人気就職ランキングの上位に必ず旅行会社は入っています。
航空会社と並び人気の就職先ですね。

私も新卒で旅行会社に就職して15年以上働いていました。
就職する前は、世界各国へ行ける楽しい仕事だと思っていました。

しかし実際に働いてみて、楽しいこともあるのですが、
それ以上にきつい仕事でした。

それに旅行会社に就職したから、誰でも仕事で海外に行けるとは限りません。
むしろ海外に行けない社員のほうが圧倒的に多かったです。

今回は旅行会社の仕事内容と、その実情を私が経験してきたことを
私の視点で解説します。

[box class=”box12″]この記事を読めばわかること

・旅行会社の仕事内容

・旅行会社だから旅行の仕事に就けるとは限らない[/box]



旅行会社の仕事内容を紹介

まずは営業職です。
営業には内勤のカウンター業務と外回りの営業があります。

カウンター業務

誰もが旅行会社を訪れた時に、旅行の相談をするのがカウンターです。
カウンター業務は旅行会社の顔と言っても過言ではありません。

お客様の旅行の要望を伺い、最適なツアー(商品)を提案して、
販売するのが仕事です。

また、その場でJRや航空券の手配もする会社もあります。

カウンター業務に就く人は、旅行の知識や現地の情報、
さらにはお客様への営業力や接客力などの幅広い能力が求められます。

旅行が好きで、日頃からプライベートで旅行に出掛けている人には、
まさに天職な仕事です。

カウンター業務でトップのセールスを記録していた同僚は、プライベートで休みの度に
国内・海外と旅行に出かけていました。

まさにプライベートを仕事に生かしていました。

法人営業

こちらは外回りの営業で、主に法人や企業がお客様になります。

法人営業は企業のインセンティブツアーや海外出張の手配を
受注してくるのが仕事です。

あと大手の旅行会社になると修学旅行の受注&添乗が大切な仕事になります。

小学校や中学校の修学旅行には、必ず旅行会社の社員の人が数名ほど
引率したのを記憶しています。

法人営業はツアーの企画から始まり見積、値段交渉、そして自分が担当している
顧客のツアーには添乗するという流れになります。

なにより大変なのはお客様のところに何度も営業に通い、仕事を受注することですね。
これは旅行会社だからではなく、他の業種の営業職と同じです。

手配

飛行機、バス、JR、船舶などの交通手段、ホテルや旅館などの宿泊施設、
レストランや観光施設など旅行に関する素材を手配する部門です。

ただ手配、予約するだけではなく、いかに安く仕入れられるか値段交渉も
大切な仕事になります。

旅行商品は何もなく安全なのが当たり前です。

飛行機やホテルの予約が取れていなかったり、予約日が間違っていたなどの
手配ミスがあってはいけません。

何度も何度も確認作業が必要となります。
性格が大まかな人よりは細部まで気に掛ける人のほうが向いていますね。

また私の勤めていた会社には、パスポートの申請書作成や査証(ビザ)の
申請書作成&代理申請も手配業務の中にありました。



ネット販売部門

大手はもとより、中堅の旅行会社でもネット販売に力を入れています。

もはやカウンターセールスよりネット販売のほうが
売り上げが多い会社も増えてきています。

こちらは旅行の知識よりホームページ作成ができる人や
ネット戦略、webマーケティングに詳し人などを中途で採用する傾向があります。

管理部門

これは説明するまでもなく、総務部、人事部や経理部ですね。

会社を経営するには、これらの管理部門は必要です。

家族経営の小さな会社は別として、会社の規模が大きくなればなるほど
必要な部門です。

\旅行会社で働いてメリットとデメリットについて/
[card2 id=”1090″]

旅行会社だから旅行の仕事に就けるとは限らない

旅行の仕事がしたくて、せっかく旅行会社に入れたのに、
管理部門へ配属されてしまうほど、悲劇はありません。(個人の感想です。)

私の同期も旅行の専門学校から入社した女性がいましたが、
彼女は本人の希望とは違い経理部へ配属されました。

辞令があっ日の夜、同期が集まって落胆する彼女を励ましたことを
今でも鮮明に覚えています。

その後、彼女は経理の仕事を一生懸命に覚え簿記の資格も取り、
寿退社するまで経理畑一筋でした。

私は運よく海外営業に配属され、一年目から海外出張の機会に恵まれました。

旅行会社に入社したから、必ず旅行の仕事ができるとは限りませんね。



最後に

今回は旅行会社の仕事内容と旅行会社に入ったから、
必ずしも旅行の仕事に携われるとは限らないことについて説明しました。

中堅以上~大手の旅行会社は、業務の細分化がされています。

入社してすぐに旅行業務の部署に配属されるとは限りません。

その一方、中小の旅行会社では、営業や手配、経理と一人何役を
こなさないと会社が回らない会社もあります。

私が勤めていた会社は中堅クラスでしたが、海外営業といってもツアーの企画に始まり
営業、見積作成、手配、そして添乗業務と何でもやっていました。

おかげで残業続きの激務な毎日でしたが、旅行会社に務めている実感がありました。

以上、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

目次
閉じる