プロ野球試合日程2020オリンピック開催でどうなる?ハマスタは?

2019年の後半は、日本で開催された「ラクビーワールドカップ2019日本大会」と
「世界野球WBSCプレミアム12」で日本中が大いに盛り上がりましたね。

そして2020年は、いよいよ東京でオリンピックが開催されます。

ラクビーワールドカップやプレミアム12など比べ物にならないほど、

日本中が熱狂するのが、今から予想されます。

何と言ってもベイスターズファン&野球ファンの最大の関心は、

やはり侍JAPANの活躍ですね!

野球とソフトボールは2008年北京オリンピック以来の復活です。

北京オリンピックでは、闘将星野仙一監督のもとで田中将大投手、ダルビッシュ投手、
上原投手や阿部慎之助捕手、そして現代表監督の稲葉選手などが活躍しました。

結果は準決勝で韓国に6-2で敗れ、3位決定戦ではアメリカに8-4で敗れ、

4位という悔しい結果に終わりました。

しかし今回の侍JAPANは違います。

まだ記憶に新しい「世界野球WBSCプレミアム12」では見事優勝をして、

世界No.1の称号を手に入れました。

「東京2020オリンピック」での金メダルへの期待は高まるばかりですね。

そこで野球ファンなら気になるのが、来シーズンのプロ野球の日程です。

各チームの主力選手が侍JAPANに召集され、チームの戦力が落ちます。

さらには日本中がオリンピック一色に沸いてる中、プロ野球を観るのか?

プロ野球ファンは気掛かりですね。

今回は2020年のプロ野球の日程と、オリンピック開催でハマスタ(横浜スタジアム)

がホーム球場のベイスターズはどうなるのか?

この辺りを調べてみました。

プロ野球の日程(2020年)はどうなる?開幕はいつ?

ズバリ!結論を最初に言います。

2020年のプロ野球公式戦は、「東京2020オリンピック」開催に伴い、

7月21日から8月13日までの期間は中断となります。

そして中断の影響でプロ野球公式戦の開幕は、
セ・パともに例年より1週間早い3月20日になります。

2月1日(土) 春季キャンプ
2月15日(土) オープン戦
3月20日(金) セ・パ開幕
5月26日(火)
セ・パ交流戦
7月19日(日) オールスターゲーム第1戦(福岡)
7月20日(月) オールスターゲーム第2戦(名古屋)
7月21日(火) オールスターゲーム予備日
7月22日(水)~
8月13日(木)
「東京2020オリンピック」開催のため中断
8月14日(金) 公式戦再開
10月24日(金) クライマックスシリーズ
11月7日(土) 日本シリーズ
開幕が例年より1週間前倒しになった分、春季キャンプも早くなると

思いきや例年通り2月1日キャンプインで変更なし。

これは選手との契約による拘束期間が2月1日~の影響ではないでしょうか。

2020年はキャンプインして2週間の練習を経てオープン戦に突入になるので

実戦形式で開幕まで調整する流れになりそうですね。

来シーズンはキャンプイン前の自主トレでの調整が、
例年以上に重要になってくるでしょう。

オリンピック開催でハマスタ(横浜スタジアム)は?

野球とソフトボール競技の会場は、「横浜スタジアム」「福島あづま球場」の2カ所で開催されます。

我らがベイスターズは、その影響で2020年6月9日~8月23日の間は、
ハマスタ(横浜スタジアム)では試合ができません。

ハマスタ(横浜スタジアム)でオリンピックのほどんどの試合が行われるのは、
嬉しいですがベイスターズファンとしては複雑な心境です。

夏の甲子園の開催期間中に死のロードに出ている阪神タイガースのように、

ベイスターズもビジター球場を転々とするのでしょうか?

なにより長期の遠征は、選手のコンディションや勝敗にも影響します。

来シーズンこそはセリーグ制覇を目指すベイスターズにはマイナス要因になります。

そこで調べてみたところ、すでに7月にNPB(日本野球機構)から発表されていました。

ハマスタが利用できない期間のベイスターズの主催ゲームは、
以下の球場で試合が行われます。

6月30日~7月2日 ベイスターズ vs ドラゴンズ 東京ドーム
7月17日、18日 ベイスターズ vs ジャイアンツ ZOZOマリン
8月14日~16日 ベイスターズ vs ヤクルト 新潟

代替球場が近場の東京ドームとZOZOマリンなので、
選手の負担は、それほど心配ありませんね。

新潟は毎年試合を行っているので、オリンピックとは関係なく予定通りの
スケジュールでしょう。

それにしても東京ドームで巨人戦ではなくベイスターズが主催ゲームを行うことなど

オリンピックがなければ実現しない出来事で、それはそれで楽しみですね。

なお、神宮球場と札幌ドームもオリンピック競技の実施や大会組織委員会に
貸し出すなどの理由で、一定期間プロ野球の使用ができません。

ヤクルトと日本ハムも代替球場でのホームゲーム開催となります。

最後に

ハマスタ(横浜スタジアム)がオリンピックの会場となると決まった時、

喜び半分、ベイスターズの試合はどうなるのか?

と不安も半分ありました。

しかしオリンピック期間中はプロ野球全体で中断すると知り、

安心しました。

こうなればブロ野球ファンは、全力で侍JAPANを応援するしかありません。

そしてプレミアム12優勝に続き、オリンピックでも優勝して
金メダルを獲得してもらいたいです。

もちろんハマスタでの決勝戦の9回表のマウンドには、
山崎康晃投手(DeNA)が立っていると信じて疑いません!

最後までお読み頂きありがとうございました。

目次
閉じる