ベイスターズドラフト一位以外の選手は?坂本&伊勢選手の評価は?

ベイスターズの2019ドラフト指名1位は、例年の流れで即戦力として期待ができる
大学卒の投手を指名すると予想していましたが見事に外れました。

地元神奈川、桐蔭学園高校の内野手である森敬斗(もり・けいと)選手
単独で1位指名しました。

\森選手の詳し記事は、こちら/

[card2 id=”447″]

ここ最近のドラフトでは即戦力となる投手を1位指名してきて、
期待通り先発ローテーションの一角を担ってきました。

では、方針を変えたのか?

と思いきや、即戦力として見込める有望な投手を2位、3位に指名しています。

今回はドラフト2019一位以外の選手、坂本裕哉選手伊勢大夢選手につぃて
その評価も含め調べてみました。

ベイスターズドラフト2019

まずは、2019年のドラフト指名選手は、以下の通りです。
順位 名前 ポジション 所属
1位 森 敬斗(もり・けいと) 内野手 桐蔭学園高等学校
2位 坂本 裕哉(さかもと・ゆうや) 投手 立命館大学
3位 伊勢 大夢(いせ・ひろむ) 投手 明治大学
4位 東妻 純平(あずま・じゅんぺい) 捕手 智辯学園和歌山高等学校
5位 田部 隼人(たべ はやと) 内野手 開星高等学校
6位 蝦名 達夫(えびな・たつお) 外野手 青森大学
7位 浅田 将汰(あさだ・そうた) 投手
有明高等学校

二位指名の坂本選手の評価は?

ではドラフト二位指名の坂本選手は、どんな投手なんでしょうか?

坂本 裕哉(さかもと・ゆうや)
生年月日 1997年7月28日(22歳)
身長 180cm
体重 83kg
ポジション 投手
投打 左投左打
経歴
福岡大学附属大濠高等学校 ~ 立命館大学
ドラフト 2019年2位指名
背番号 20
立命館大学といえば、ベイスターズには2017年ドラフト1位の

東克樹(あずま・かつき)投手がいます。

東投手とは大学の寮で同室だったそうです。
寝食を共にし気心が知れた先輩がベイスターズにいるのは、

心強いですね。

坂本選手は福岡大大濠時代に甲子園出場の経験がありません。
県大会では16強が最高成績なので、高校時代はまだ頭角を

表していない無名の選手でした。

しかしプロ野球選手になる夢は強かったようで、大学4年のドラフト会議を見据えて、
桜井選手(巨人)や金子選手(西武)を輩出した立命館大学に進んだとのことです。

 

坂本投手の特徴は、最速148キロのストレートを武器に

スライダー、カーブ、チェンジアップと多彩な変化球を使い分ける投球術が魅力です。

2019年度のシーズンは9勝をマークして、

春のリーグ戦では最優秀選手賞・最優秀投手賞・ベストナインの3冠に輝きました。

坂本選手は大学で関西学生リーグ屈指の左腕に成長しました。

ルーキーイヤーに11勝をマークした大学の先輩である東投手に

続き即戦力として活躍が期待されてますね。

個人的には東投手ともども、立命館大左腕コンビとして、
来季のベイスターズ投手陣の稼ぎ頭になってもらいたいです。

三位指名の伊勢選手の評価は?

次はドラフト3位の伊勢選手は、どんな投手でしょうか?

伊勢 大夢(イセ・ヒロム)
生年月日 1998年3月7日(21歳)
身長 181cm
体重 90kg
ポジション 投手
投打 右投右打
経歴 九州学院高 ~ 明治大学
ドラフト 2019年ドラフト3位
背番号 13

伊勢投手のビッチングの特徴は、最速150㎞/hを超える右サイド寄りから
繰り出すスリークォーター投法です。

スリークォーターとは、オーバースローとサイドスローの中間で、

ややサイド気味に肩口から投げる手法です。

大学時代のリーグ戦通算防御率は2.79と際立つていないが、

奪三振率は8.19と三振の取れる投手です。

ちなみにベイスターズのエース今永投手の今シーズンの

奪三振律は9.85でした。

2019年度の東京六大学野球秋季リーグでは先発で活躍しましたが、

プロではリリーフ(中継ぎ)を希望しています。

本人はインタビューで、
「抑えの山崎康晃さんにバトンをつなげられるように、そしていずれは、そのポジションを狙えるようになりたい」

と答えています。

ベイスターズの中継ぎ陣は、8回にエスコバー投手、三嶋投手、国吉投手から
9回の山崎投手へのリレーが勝利の方程式だったので、ここに三振の奪える伊勢投手が
加われば中継ぎ陣にも厚みがでて頼もしい限りです。

最後に

ベイスターズの2019年のドラフトは、方針転換?して1位に野手である

高校生の森敬斗選手指名しました。

昨年までは即戦力となる大卒投手を指名しました。

今回は即戦力というよりは未来のベイスターズを見据えて、
また内野手の補強も含めて森選手を指名したのではないでしょうか。

しかし、2位と3位には即戦力として有望な坂本選手、伊勢選手を獲りましたので、
ますます投手陣の厚みが増しましたね。

来季のベイスターズは楽しみです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
目次
閉じる